施設概要

 生まれつきあるいは、事故等で障がいを持った方達が安心して働き続けられるような福祉サービス付きの職場です。

 また、一般就職に向けて必要な力を身につけていくリハビリ・トレーニングの場でもあります。(福祉の法律に基づいた就労継続支援B型という障がい福祉サービスです)

沿革

平成21年4月1日くらはなを設立

平成24年5月1日これからに名称変更

平成26年6月1日 オーダーメイドに名称変更  

利用方法 お住まいの市町村から、障害福祉サービス(就労継続支援B型)支給決定を受けている方
営業日

月~土曜日(ただし月別に土曜日が休みとなることがあります)

日・祝およびお盆・年末年始にも休業日があります。

作業内容

・軽作業(車部品加工、縫製、菓子箱折り、農作物加工等)

・施設外就労(屋内外清掃、農作業)

・パソコン作業(データ入力、ホームページ作成等)

※事業主の方へ:作業依頼があれば、1度ご相談下さい。

工賃区分

 時給130円・皆勤手当1000円・出向手当100円より毎月支給

年に1度、ある条件を満たしていた場合、賞与が支給されます。

 送迎

 就職のため自力通勤を推奨していますが、やむを得ない理由の場合、ご相談ください。乗車人数や場所の関係によっては難しい場合がございます。倉敷市在住の方で通所のため、公共交通機関を利用した場合は、倉敷市より「通所交通費の給付」があります。

 利用定員  1日20名まで
 利用料金

 就労継続支援にかかる費用は、市町村の発行する「障がい福祉サービス受給者証」に記載された金額の範囲内になります。

 実費負担

昼食代金(委託弁当):一食360円、おかずのみの場合260円

行事等は、その都度実費

職員配置

管理者兼サービス 管理責任者1名

生活指導員1名 職員指導員2名 工賃達成指導員1名

  利用される方の意向に沿いながら、ハローワークでの求職活動を含めた一般就労に必要な知識や、各作業課題を通じた技術の習得など「働くこと」を段階的にしていきます。また、調理実習や他の作業所の見学といった、社会人として必要な生活支援や、カラオケに新年会などの余暇活動を自ら起案し実行するという、自立に向けたきめ細かい支援プログラムを設定しています。